Catalpa

Catalpa は日本語サイトの構築に適した静的サイトジェネレーターです。日本語組版処理の機能が組み込まれており 和文 欧文混在の文章を綺麗にレイアウトすることができます。アプリケーションの実行には 64 ビット Windows が必要です。

このサイトも Catalpa で作られています 😎

コンテンツ管理システム CMS

静的サイトジェネレーターに注目が集まる以前は コンテンツ管理システム CMS でウェブサイトを作成する方法が一般的でした。

世界で最も人気のあるウェブサイト構築用の CMS といえば間違いなく WordPress です。CMS は基本的にウェブサーバー上で動作させるプログラムであり 動的にウェブページを生成します。プログラムの実行環境だけでなく MySQL などのデータベースも必要となるため CMS の運用には比較的性能の高いサーバーが必要になります。

静的サイトジェネレーターとは

静的サイトジェネレーターは ウェブサーバー上ではなく ローカル環境でウェブサイトを生成ツールです。出力したサイトコンテンツ一式 HTML CSS JavaScript をウェブサーバーにコピーするだけでサイト構築が完了する手軽さがあります。

CMS とは異なりウェブサーバー上でプログラムを実行する必要がないので ウェブページの表示が速い プロバイダーの無料ホームページスペースでも簡単にウェブサイトを公開できる といった特徴があります。

世界中で多くの静的サイトジェネレーターが開発されており Jekyll Gatsby Hexo といったソフトウェアが人気を博しています。

Catalpa の特徴

すばらしい静的サイトジェネレーターが多数あるにも関わらず なぜ Catalpa という新たな静的サイトジェネレーターを開発する必要があったのでしょうか?

それは 既存の静的サイトジェネレーターほぼすべてが外国製であり 日本語組版処理に弱点があることが分かったからです。きちんと日本語組版処理ができる静的サイトジェネレーターを作りたいという思いから Catalpa の開発に着手しました。

また 既存の静的サイトジェネレーターはコマンドラインで操作するものや プログラミング言語の開発環境やパッケージシステムを使って環境を構築するものが多く プログラミング経験のない人にとっては導入が難しいのではないかと感じました。

そこで Catalpa では ZIP ファイルを展開するだけで使い始められる GUI で操作できる といった静的サイトジェネレーター導入の敷居を下げることにもこだわりました。

  •  難しいインストール作業や設定はありません。
  •  GUI で操作できるのでコマンドを覚える必要がありません。

HTML CSS を書かなくても Markdown だけでウェブページを作成できる これが Catalpa の基本的なコンセプトです。といっても HTML CSS の使用が制限されているわけではないので 上級者は HTML CSS を直接書いてウェブページのレイアウトや装飾を細かく調整することもできます。

理論的にはどのようなウェブページも Catalpa で作成することができます。HTML 手書きなら実現できるのに Catalpa の制約のせいでできない そのようなことは 1 つもありません。

Catalpa の仕組み

  • Markdown ファイルを部分的な HTML に変換するときに日本語組版処理をします。
  • 複数の部分的な HTML をテンプレート処理して HTML を出力します。
  • LESS ファイルをプリプロセッサーで処理して CSS を出力します。
  • HTML CSS JS PNG などその他のファイルはそのまま出力されます。